男性機能

インカの戦士の栄養源

今多くのサプリメントが発売されています。
中でもアンチエイジングに効果が期待できるものとして、マカはとても注目されています。

マカはアメリカのペルーで主に栽培されています。
ペルーのアンデス山脈の標高4000メートル以上にある、ボンボン高原という場所を中心として栽培されています。
標高とても高く、日中と夜間では気温差が30度近くあるとても気候が厳しい場所です。
そんな場所でたくましく育ったマカには、そのほかの野菜に比べてとても多くの栄養素が含まれています。

マカには、アミノ酸、カルシウム、鉄、たんぱく質、亜鉛が含まれています。
中でもアミノ酸は16種類ものアミノ酸を一度に摂取できるとても貴重な植物です。

そんなマカの秘められたパワーをとても重宝していた時代があります。
それがインカ帝国時代です。
インカ帝国は13世紀のクスコ王国がもととなり作られた国で、ペルー、ボリビア、エクアドルを中心として作られた帝国です。
このインカ帝国は16世紀にスペインの侵略を受けて滅びるまで、チリやアルゼンチン、コロンビアなどの地域まで侵略を進めていました。
そしてインカ文明最後の先住民として、インカ帝国は歴史に残る国となりました。

インカ帝国がここまで侵略を勧められたのも、兵士たちの戦力があってのことです。
そんな戦士たちが戦争のときに食べられていたのがマカでした。

マカは当時上級階級の人でなければ食べることができない食べ物でした。
しかし、当時野菜が中心とした食生活の中で、マカはとても栄養素が優れている野菜ということがすでに分かっていました。
なので戦地に向かう戦士の栄養素として与えられたとされています。

また戦争で勝利を収めた兵士には、褒賞としてマカを与えたともいわれています。
それ以外にも、戦争で負傷した兵士にマカをのませるようにしていました 。
マカには疲労回復の効果がとてもたかいため 、通常よりも早くけがの完治へとつながっていました。
なのでどんな状態でも戦い抜かなければいけない戦士にとっては、とても心強い精要素だといえます。

しかしその反面に、兵士には食べさせてはいけないとしていたという説もあります。
それはマカに含まれる精力の増殖の効果があるからです。
戦時中に敵地に乗り込む際に、精力が尽きてしまっていて敵地の女性を襲うなどの性の乱れが起きてしまう恐れもありました。
精力が突き過ぎてしまうと戦いに支障が起きてしむため、パートナーがいない人には飲ませなかったという説もあります。
当時からいろんなマカの栄養素があるということが分かっていたということが分かります。
▼マカ以外におすすめしたいのがローヤルゼリーです。是非こちらもチェックしてみてください。

Copyright(C) 2013 健康や元気でいる事に欠かせないもの All Rights Reserved.