男性機能

インカの伝説とマカの関係

今多くのサプリメントが開発されている中で、近年注目されているサプリメントとしてマカがあげられます。
マカはアブラナ科の植物の一種で、同じアブラナ科の植物のカブによく似た自然の野菜です。

南アメリカのペルーが原産で、アンデス山脈の標高4000メートルから5000メートルほどのボンボン高原を中心に栽培されています。
とても標高が高く、日中と夜間の気温差が30度近くあるとても厳しい環境の中、マカは成長していきます。
根からアンデス山脈の鉱山に含まれる豊富なミネラル成分を吸収し、豊富なアミノ酸が含まれています。
そのため野菜の中でもとても栄養価が高いものとして 昔から重宝されていました。

そんなマカは紀元前1600年から栽培されていたといわれています。
その歴史はとても古く、特にインカ帝国の時代にはマカにまつわるいろんな伝説が残されています。

インカ帝国はペルー、ボリビアを中心としてケチュア族によって作られた国です。
強い戦力を部位に侵略を繰り返し、北はチリから南はアルゼンチンまで国の領土を広めていきました。
その際に兵士の栄養素として使用されていたのが、http://xn--lck7e.tv/でも紹介されているマカです。

当時のマカは少量でも、家畜と交換できるほど貴重なものとして扱われていました。
なので上流階級の人しか食べてはいけない食品とされていました。
なので戦士などの一般階級の人が食べれるときは限られていました。

それは戦争で勝利したときの褒賞として戦士に渡されたり、負傷した戦士の傷の回復のためにも使用されました。
そんなマカパワーもあり強い戦力を確保しながらインカ帝国は際変えていきました。

しかしそのマカのパワーが逆に侵略国に利用されて、インカ帝国の滅亡につながってしまったという伝説があります。
スペインがインカ帝国の黄金を目的に、侵略を計画立てていました。
その際の移動手段として馬が使われていました。
スペインからペルーまでの道のりはかなり遠く、馬も疲れて疲労がたまってしまっていました。

そこで注目されたのがマカです。
マカを馬に食べさせたところ、疲労回復の効果がみられ、馬はたちまち元気になりました。
さらには繁殖機能を高める効果も馬に見られ、馬を繁殖させながら戦力を強めていきました。
そして最終的には、スペイン軍がインカ帝国を滅亡へとむすびつけることができました。
インカ帝国にとってマカは、戦力としても有名ですが、侵略された大きなきっかけとしても知られています。

Copyright(C) 2013 健康や元気でいる事に欠かせないもの All Rights Reserved.